トイプードルの餌としつけ

このエントリーをはてなブックマークに追加

トイプードルの餌としつけ

「トイプードル(トイプーと略されることも多いですね)のしつけはいつから始めればいいの?」と疑問に思っている人もいることでしょうね。

一般的にトイプードル(トイプードルの他に、ミニチュア、ミディアム、スタンダードという種類があります)のしつけ(幼い頃に正しくしつけてもらえなかったために、大人になってから苦労する人も少なくありません)は生後二箇月くらいからが理想だといわれています。

まず、このくらいの時期におすわりやまて、ふせといった基本的なしつけ(漢字では躾と表記し、将来、円滑なコミュニケーションを行えるようになるためにも必要なことです)を行いましょう。

トイプードル(泳ぎが得意な犬種で、かつては救助犬として活躍したこともあるそうです)は割と頭のいい犬なので、しっかりとしつけ行っていれば、次第に覚えていきます。

他の犬種より、トイプードルはしつけに困らない犬だと考えて下さい。

そして、基本的なことが出来ないからといっても、怒ってしまうと逆効果です。

臆病な一面がありますから、怒ってしまうと萎縮してしまう危険があるでしょう。

萎縮してしまうと怖がってしまって、躾が思うようにできなくなりますので、怒らずに冷静にしつけを行って下さい。

はじめから可能な犬なんていないため、できなくて当たり前という気持ちでしつけ(幼い頃に正しくしつけてもらえなかったために、大人になってから苦労する人も少なくありません)を行うようにするといいでしょう。

心に余裕を持てば、トイプードル(トイプーと略されることも多いですね)のしつけも滞りなく出来るようになるはずです。

怒るのではなく、褒めることに重点を置きましょう。
 

トイプードルの食事と餌のドッグフード
トイプードルのような小型犬の餌は、栄養素に注意します。骨折や手足を痛めることが多いので、グルコサミンやカルシウムをしっかり含んだドッグフードを選択しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加